チェンバロを弾かせていただく

楽器博物館 チェンバロの歴史からのリンク画像
 スピネットチェンバロというものを初めて触らせていただいた。

 ハンマーで弦を叩くのではなく、ハープの弦をはじく要領で音を出しているようで、ピアノを弾くようにしてしまうと、すごく"うるさい音"になってしまい、せっかくの美しいチェンバロの音が台無し。

 今日はチェンバロの持ち主のかたのレッスンの日で、先生がいらっしゃり、なんと演奏を聴かせていただくことができた。

 全然タッチがピアノとは異なり、そして先生が演奏すると、音が一つ一つ綺麗に並び、美しい"音楽"にちゃんとなっていた。

 とてもすばらい体験をさせていただいた。


[参考]
 写真はklavierhausというサイトからのリンク画像です。
[PR]
by mountaineer_d | 2008-02-19 19:46 | 音楽

あなたをとのさま気分にさせる
by mountaineer_d
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
このブログに関すること
映画
音楽
スポーツ/アウトドア
生活
こころ
哲学思想
健康医療福祉
電化製品/ICT
グッズ/インテリア

How-to
エンタメ
社会
つぶやき

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな