プレステージ

TSUTAYA onlineからのリンク画像 プレステージを観た。
 これは文句なしの映画。

 映画では主に、

  1.結末がわからないおもしろさ
  2.ストーリー性の豊かさ(芸術性やメッセージ性)
  3.映像美・音声美
  4.出演者の演技力

といったものが評価基準になると私は思っている。

 結末がどうなるかわからないというのが、最もシンプルでかつ作品は無数にあるので、実は最も難しいのではないかと思う。

 ストーリー性は、これは原作者や脚本家が、「芸術家」であるか「メッセンジャー」であるかにかかっていて、「芸術家」なら奇蹟の積み重ねでできあがるし、「メッセンジャー」なら技法が重要となる。

 プレステージは、結末型といって良いのではないだろうか。
 こう書くと、語弊ははるし、単に結末を重視したものではなく、総合評価としても色々良いのだが、ストーリーの展開が読めず、結末も読めず、ドキドキ、ワクワク、ナゾナゾとみることができた。

 DVDのパッケージの裏書きどおり…。

 この映画はお奨めです。
[PR]
by mountaineer_d | 2008-03-08 08:59 | 映画

あなたをとのさま気分にさせる
by mountaineer_d
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
このブログに関すること
映画
音楽
スポーツ/アウトドア
生活
こころ
哲学思想
健康医療福祉
電化製品/ICT
グッズ/インテリア

How-to
エンタメ
社会
つぶやき

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな