カテゴリ:スポーツ/アウトドア( 4 )

目撃

e0137022_2125237.jpg 涼しくなってきたころから、土の上を歩きたいと思っていた。

 どこかに出かけない限り、なかなか土を踏むという機会がない。高尾山に行きたいと思っていたが、あのすさまじい混雑を考えると行く気になれず、それではと、近くにある広めの公園に行くことにした。

 この公園には、ドッグランがある。
 その外側のベンチで、おじいちゃんと小さな孫が、仲良く座って話をしていた。

 おじいちゃんは犬に詳しいらしく、あまりよく聞こえなかったのだが、様々な種類の犬が近くにくると、その犬種の解説をしているようだった。

e0137022_21271983.jpgじ「ダルメシアンはね、元々病気を持ってるから、あまり長生きできないんだよ。」
孫「ふーん。」

 この話が正しいのか私は知らないが、他にも色々と犬のうんちくを語っていた。
 すると、ドッグランに来たのか、柴犬がやってきた。

e0137022_21295563.jpg
じ「ほら、シバケンだよ。」
孫「シバケン、どこからきたの?」
じ「シバ県・・・。はははは。なんてね。」
孫「チバ県?チバ県ってどこ?」
じ「・・・。」

 うんちく王のおじいちゃんが追い込まれた瞬間を目撃した。
[PR]
by mountaineer_d | 2010-11-03 21:31 | スポーツ/アウトドア

何も考えないこと

e0137022_814286.jpg 私はほとんど、ぼーっとする時間、何も考えない時間というものが無い。

 と、思っているだけで、ぼーっとしているときは、ぼーっとしているから、意識していないだけかもしれないが、自分の意識としては、常に同時に複数のことを考えている。

 もちろん、世のため人のためのことを考えているわけではなく、モウソウやくだらないことが多いのだが、あまりにもいっぱい頭にうかんできてしまい、困ることすらある。

 これが、人と話をしていると、顕著に表れる。

 相手の話を聞きながら、次から次へと話題がでてきてしまうため、往々にして、話が本題からそれてしまう。

 そこで最近は、なるべく本筋に戻るように努力をしている。

 …と、既にもう本題から外れてしまっているが、とにかくずーっと頭の中で、色々なことがぐるぐる回っているため、ノウミソが疲れることがたまにある。

 友人のひとりは、ジムでランニングをしているときは、なーんにも考えないので気持ちが良いと言う。

 私もジムに行っているが、走っている間なんて、暇で暇で暇で、むしろ色々考えてしまう。

 ところが、昨日高尾山へ行って思ったのだが、山登りをしているときは、ほとんど何も考えていないことに気が付いた。

 中腹の高尾山から山頂までの道のりぐらいならよいが、麓からの登りぐらいになると、あるいは以前、海岸の岩場で、チェーンが下まで設置してあるような場所を上り下りしたときも、そういうときは、怪我をしないように、あるいは場合によっては命がけでいるため、生命と安全維持に神経が集中されるために、何も考えていないことが判明した。

 休日にリフレッシュをするという表現があるが、私は常にすべてのことが連続して、継続してノウミソの中で流れているため、いまいちこの感覚が分からなかった。
 しかし、思い出してみると、体力を使って、しかも命の危険や怪我の危険があるようなことをしたあとは、「リフレッシュした」気がする、ということに気が付いた。
[PR]
by mountaineer_d | 2008-05-28 08:21 | スポーツ/アウトドア

高尾山登頂

e0137022_20273830.jpg


e0137022_2031577.jpg 高尾山に行った。
 昨年の紅葉シーズンに行ったときは、悲惨な目にあった。

 信じられない人の数…。
 この様子は、ウェブページに記載したのだが、ここではそれは割愛。

 今日は最高の天候だった。
 平日でも人は結構いたが、まあ許容範囲。

e0137022_21133531.jpg 前回は、ケーブルカーもリフトも、あまりの混雑に乗れず、麓から歩いて登った。
 しかも、渋滞。立ち止まるほどだった。
 さらに、結構な急勾配で、色々問題があって登頂は断念。リフトで降りてきた。

 今回は、ケーブルカーで中腹まで行き、そこから徒歩。
 ケーブルカーを使うと、前回とは比較にならないほど楽ちんな道のりだった。

e0137022_2036373.jpg が、山頂は小学生がワラワラ…。
 まあ、私が小学校のときは、こんな人数ではない人数で山頂を占拠したので、がまん。
 小学生に聞いてみたら、ケーブルカーであがってきたという。私たちのときは、麓から徒歩だったが、今は大変な思いをするより、楽しい思いをするほうが優先なのだろう。
 それはそれでいいことだ。
 小学校で行った山登りで、死にそうになったことが3回ある。昔は軍隊みたいな風潮が残っていたので、行軍みたいな状態だった。まあ、うちの学校に限定されるのかもしれないが。

e0137022_20394392.jpge0137022_20431082.jpg 山道に写る木漏れ日が、丸い穴を描く。
 面白いので何枚も写真を撮っていたら、右のような心霊写真が!

 もちろんジョークです。
 同行者の手です。とかいって、違っていたら怖い(笑)

e0137022_20494999.jpg 海抜401mのケーブルカーの高尾山駅では、高尾の動植物の様々な音と共に、中央道の自動車の音が聞こえる。それが残念なような、ほっとするような感じがするのは、自然を知らない東京人の寂しいところのような気がする。まあ、私だけかもしれないが。

e0137022_2051539.jpg おじさんが発車時刻までどいてくれなかったので、ばっちり写ってしまった写真しかないが、一応ケーブルカーの写真も掲載。

 高尾山にはいくつかのルートがあるので、今後も色々と歩いてみたい。
[PR]
by mountaineer_d | 2008-05-27 21:21 | スポーツ/アウトドア

32000人の98%

e0137022_19165758.jpg 今日の東京マラソンは、32,000人以上が参加し、なんとその98%以上が完走したらしい。

 昨年4月から、平均して週2回ほどジムに行くようになり、10月ぐらいから毎回1Kmランニングマシンで時速7Kmで走っているが、これで身の危険を感じている私には、32,000人のうちの98%もの人が、42.195Kmも時間内に走りきれることが全く理解できない…。

 みんなすごいなあ。
 
[PR]
by mountaineer_d | 2008-02-17 19:28 | スポーツ/アウトドア

あなたをとのさま気分にさせる
by mountaineer_d
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
このブログに関すること
映画
音楽
スポーツ/アウトドア
生活
こころ
哲学思想
健康医療福祉
電化製品/ICT
グッズ/インテリア

How-to
エンタメ
社会
つぶやき

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな